qrcode.png
http://santo-syokuhin.jp/
モバイルサイトにアクセス!
三東食品株式会社
〒111-0054
東京都台東区鳥越1-13-1
TEL.03-3866-5251
FAX.03-3864-1203
 

三東のプライベートブランド

  • ホーム  > 
  • 三東のプライベートブランド
 

三東の竹串・木串

三東の竹串・木串
 
竹串の産地と種類
たとえばお団子に使われている竹串ですが、どのようにしてできているかご存知でしょうか?
「たかが竹串、されど竹串」をここでご紹介いたします。
弊社の竹串の製造工場は中国の福建省 将楽という所にあります。
ここで採れる竹は、日本の竹に比べて長く、太く、特に肉材が厚いのが特徴であらゆるサイズの竹串を製造することが出来ます。
 
竹串の製造工程

1、原竹を節間の長さに裁断し、断面をカッターに通し810本に縦割りする

2、割った竹を1本ずつ機械に入れて、太さ1.83.5ミリのひご56本にする

(この工程は貫「ぬき」という方法でやっていましたが、今は「削り」という

 方法でささくれが出ること無く、節の部分もキレイに削れます)

3、冷暗所に一晩おいて、硫黄燻蒸にかける(竹串の変化を防ぐためです)

4、乾燥室で約40時間、6070℃の熱風で乾燥し水分を12%以下にする

5、それぞれの規格(長さ1025センチ)にカットした後、ふるいの機械にかけ

 おがくず、ごみを落とす

6、目視選別

7、先づけ(先端を尖らせる)

82回目の目視選別

9、結束、箱詰め

(日本に向け出荷)

10、日本工場での再検品、選別(ビニール袋に入れ替え、箱詰め)

11、出荷

 以上が竹串の製造工程ですが、竹串は、団子の他、焼き鳥にも多く使われており

 いかなる用途にも対応いたします。 

<<三東食品株式会社>> 〒111-0054 東京都台東区鳥越1-13-1 TEL:03-3866-5251 FAX:03-3864-1203